ラミネートカード・ラミネートテク・機材の情報

ラミネートの実際の手順を写真で紹介

手書きのイラストを描き、ラミネートしていく手順です。

 

フィルム、ラミネーターは下記の商品です。

 

ラミネーターの用意

 

ラミネーター箱
箱です

 

 

ラミネーター本体
ラミネーター本体

 

 

ラミネータートレイ
フタを開けるとそのまトレイになります。

 

 

イラストを用意

 

次にイラストを描きます。
やはりイラストでキレイな色を出したいなら、コピックは外せません。

 

イラストを書くなら絶対に持っておきたいペンは「コピック」ですね。

ペンの滑り、キレイな発色はやっぱりコピック。
筆タイプもあります。

コピック スケッチ 36色セット

 

コピックとラミネーター
コピックとラミネーター

 

 

イラストを描く
ささっとニコニコくんを描きます

 

 

ラミネートフィルムに挟む
ラミネートフィルムにはさみます。

 

ここで注意!

 

ラミネートフィルムは、通す前に切ってはいけません!

 

通す前に切ってはいけません

 

フィルムを切って通すと機械のローラーに巻き付いてしまい、機械が故障、煙が出るなどの事故になります!

 

このような小さなイラストでも、ラミネートフィルムは1回1枚を使いましょう。

 

 

 

ラミネーターに通す

 

いよいよラミネーターに通します。

 

 

スイッチを入れて温めておきます。

 

温まるまでだいたい5分ほどかかります。

 

アイリスオーヤマのラミネーターは、温まると「ピーピー」と音が出ます。

 

 

ラミネート 挿入側
ラミネートフィルムには通す方向があります。
こちらのくっついている方が先端です。
こちら側からラミネーターに入れます。

 

 

 

ラミネート 挿入
ゆっくりと入れていくと、コツンというような手応えがあり、そのまますーっと吸い込まれていきます。

 

 

ラミネート完了

 

少し待っていると、ラミネーターの後ろ側からフィルムが出てきます。

 

無理にひっぱってはいけません。

 

ラミネート 完了

 

先ほど半透明だった部分は完全に透明になり、
作品の色もくっきりと見えます。

 

 

出てきたばかりのラミネートフィルムは熱いので、やけどにご注意ください。

 

ラミネートカードにする

 

ラミネーターに通したあとは、工作は自由です。

 

ニコニコくんを切り抜いてみましょう。

 

 

ハサミで切ります
ラミネートをハサミで切る

 

切ったあとのラミネートフィルムのフチは、このようにギザギザで鋭くなっています。
手を切らないように気をつけてください。

 

ラミネートのフチは危険

 

この手袋をすると安心です。
ラミネートに最適な手袋

 

 

ラミカ完成
ニコニコくんのラミカが完成です!

 

 

 

以上です

 

これでラミネートの手順は終了です。

 

非常にカンタンに使えることがおわかりいただけましたか?

 

 

ポップのラミネートもカンタン
ポップもかんたんにラミネートできます。

 

 

あなたも楽しいラミネート作品に、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

ツイートする!


このページが役に立ちましたら、ぜひぜひツイートしてください!




CM



ラミネートの手順関連ページ

かんたんラミネート
1,2枚ラミネートをしたいけれどラミネーターを買うまでもないなぁ・・・というときにオススメなのはこの貼り合わせるだけのラミネート!簡易な書類にはぴったり。
ラミネートの作業が安全になるスグレモノ手袋
ラミネートはとがっている部分や鋭い部分、そして熱い部分などケガをしやすい場所が多くあります。そのさい、この薄手作業手袋があれば安全です。
アイリスオーヤマ ラミネーター 故障
ラミネートカードの価格や作り方、ラミネート機材やフィルムの情報をまとめています。アイリスオーヤマのラミネーターが故障した場合はこちらを参考にしてください。
ラミカ 印刷 紙
ラミネートカードの価格や作り方、ラミネート機材やフィルムの情報をまとめています。ラミカ用のイラストを印刷したり描いたりするために適した紙は?

ラミカのオークション


ホーム ラミネートとは? ラミカを作るまで ラミカ販売など ラミネートの手順 ラミネートの応用